これ・・・

「なあ、お前はもってないよな・・」
「何を?」
「いや、なんでもない」
そんな会話をしてから、数日たちました。
その間、なにやら彼氏が探しものをしていると彼氏の友だちから
きいたのですが。
みんな私の顔をにやけた顔でみながら、そう話してきました。
「なんか、おかしい・・・」
まあ、あした彼氏と会うからそのときに聞けばいいか。
だけど、何をそんなに必死に探しているんだろうか?
そして、当日。
彼氏の家に向かうと、やけに機嫌がいい彼。
「なんか嬉しいことあった?」
「おう、俺とお前とのことであった」
「はい?」
まったくもって意味不明・・・
すると、私が座ろうとすると「ちょぃまて、これ」と
渡されたのが、ブルマ。
彼氏はブルマをはいてほしいとこの20代半ばの私に言うのです。
変態!彼をそのブルマで叩きましたが一度だけといって引きませんでした。
渋々、はいてスカートをなおしました。
「それじゃ見えないジャン」
スカートをめくってお尻を彼の方に向けると、今度は
四つんばいになってと。
リクエストに答えてしまった私。案の定・・陰部をブルマの上から
いじり始めて勃起している彼。
一回きりとはわかっていましたが、なんて情けない姿なんだと
後悔しました。